よくわかる家族葬~鎌ヶ谷市~

Home > 鎌ヶ谷市の家族葬情報 > 鎌ヶ谷市の家族葬には黒い喪服での参列を

鎌ヶ谷市の家族葬には黒い喪服での参列を

 鎌ヶ谷市で行う家族葬の魅力は、少人数のごく親しい人だけが参列をするので、気兼ねすることなくお見送りすることが出来る点です。
小さなホールを利用することもあれば、貸し切りの一戸建てホールで行うこともありますが、雰囲気はいずれもリラックスをしています。
一般的なお葬式といえばたくさんの参列者がありますが、家族葬は小さな式場で行う少人数のささやかなお葬式だからです。
昔のような大家族のスタイルではなくなった現代では、近所や親族間とのお付き合いも昔ほど濃密ではないです。
社会情勢は昔とは大幅に変化をしていますので、家族葬を選ぶ家庭は近年ではとても増えています。
日本は長寿大国であり高齢化社会を迎え、この先もその傾向はしばらく続くことからも、昔のようにお葬式には大勢の人間が集まりにくい状況です。

 小さなお葬式を出すとなると混同されるのが密葬ですが、鎌ヶ谷市で出す家族葬は密葬とは違います。
小さなお葬式という点では似ていますが、家族葬の場合は人数は少ないものの、普通のお葬式と同じような流れです。
家族葬は参列をする人間の数は少ないものの、お通夜もありますし葬儀に告別式もあります。
規模的なことや人数は少ないものの、一般的に参列をするようなお葬式とかわりはありません。
でも密葬の場合は中心が身内だけであり、告知を公にするのは後になります。
家族などだけでお通夜も葬儀もして、密葬を本葬でしたり、火葬をまずは終わらせて本葬をすることもあるので、本葬は後日に遺骨で行うスタイルです。
誰もが知るような大企業の社長であったり、有名な芸能人のお葬式などをイメージするとわかるように、一般的な葬儀をするには何か支障が生じそうなときには密葬を行うケースが多いと言えます。

 大人になると冠婚葬祭への参加が多くなるので、お葬式のための喪服なども一式揃えることがほとんどです。
鎌ヶ谷市での家族葬への三レルの際にも、一般的なお通夜やお葬式の時と同じ喪服スタイルで問題はありません。
男性であればブラックスーツを着用し、シングルでもダブルでも大丈夫です。
もしもスーツがスリーピースなら、中には黒いベストを着用します。
ワイシャツは無地の白を選び、黒いネクタイをしますがタイピンは付けません。
無地の黒色のネクタイをしますが、織り柄の黒いネクタイを選んでも大丈夫です。
足元まで気を抜くことは出来ませんので、黒い靴下と黒い靴を合わせます。
女性の場合は黒色のワンピースが無難ですが、黒のスーツやパンツスーツに、黒のアンサンブルでも構いません。
足元は黒のストッキングで、黒いパンプスは出来るだけシンプルなデザインを選びます。

次の記事へ

TOPへ