よくわかる家族葬~鎌ヶ谷市~

Home > 鎌ヶ谷市の家族葬情報 > 鎌ヶ谷市の家族葬なら参列者たちへの気遣いなど精神的な負担も軽減

鎌ヶ谷市の家族葬なら参列者たちへの気遣いなど精神的な負担も軽減

 身近な人から近所の人など周囲への理解を必要とする家族葬は、理解さえ得ることが出来ればスムーズに執り行うことが出来ます。
鎌ヶ谷市でも家族葬を選ぶ人は増えていますが、大切な人を失った家族の悲しみはとても深いです。
その状態でいつも通り来客があったときのように、来てくれた人たちに気を配るのは簡単ではありません。
葬儀会社のサポートがあるとしても、お葬式のために訪れてくれる多数の人たちへの、声掛けや心遣いをしないわけにはいかないです。
でも家族葬を選ぶことにより、一般的な大きなお葬式のような、参列をしてくれる大勢の人に気遣いをして疲れ切るようなことにはなりません。
参列者へのわざわざ足を運んでくれたことに対しての感謝は大きいですが、気遣いの追われてはゆっくりと最後のお別れはできません。
家族葬であれば少人数で行うので、精神的な負担も大幅に少ないです。

 一般の大きなお葬式に参列するときとは、規模が違うのが家族葬であり、特に女性の場合は見た目のことで気になる点が出てきます。
女性は紙を長く伸ばしている人も多いので、そのまま垂らしておいても良いか悩みますが、一般のお葬式と変わりがないので参列時にはまとめ髪にすることです。
普段の楽しいお出かけの時とは違いますので、髪飾りはあえて使用はしません。
ですが何か髪飾りを付けたいと考えるのであれば、シンプルな黒色のバレッタなどに留めておきます。
毎月発売されるファッション雑誌には、捨てクなヘアスタイルのアレンジも掲載されていますし、ポッポな髪型も見ることが出来ますが、家族葬に参列をする日には控えることです。
ショートヘアの人であっても、髪の毛はとかすだけで、アレンジを派手にすることはしません。

 故人の生前親しかった人や家族だけで鎌ヶ谷市での家族葬を出したいという場合、招かれなかった人にとって迷うのは香典のことです。
どれほどのつながりがあったかにもよりますが、割と親しい間柄であった場合なら、香典を持参できなくても郵送などで送りたいと考えます。
それは遺族への最大の気配りと考えて行ったことであっても、遺族にとっては迷惑となることがあるので要注意です。
なぜ家族葬を選ぶかの理由として、最後のお見送りを部外者の対応で追われるようなことにならず、穏やかに見送りたい気持ちもあります。
静かに本当に身近な人たちだけで送りたいと考えますので、香典を渡すと香典返しをしなければならず、それでは遺族も結局は外部の人の対応に追われるなど、迷惑をかけてしまうことになるのでよくありません。
家族葬を出すことと同時に、香典辞退のお知らせが届いたら、香典は送らないことです。

次の記事へ

TOPへ