よくわかる家族葬~鎌ヶ谷市~

Home > 鎌ヶ谷市の家族葬情報 > 鎌ヶ谷市での家族葬の際の焼香は一般的な葬儀の時と同じ

鎌ヶ谷市での家族葬の際の焼香は一般的な葬儀の時と同じ

 身内だけでささやかなお葬式を出して見送る家族葬は、鎌ヶ谷市でも選ぶ人は少なくはないです。
一般の方たちの会葬も香典なども、基本的にはお断りをしています。
家族と親近者のみで故人を静かに送る家族葬ですが、葬儀をつつがなく行いそのあとに知り合いが葬儀のことを知ったときに、香典をどうするべきかは悩むところです。
香典を持参して自宅に伺おうと考えたら、自分だけでは決めないで、遺族の意向を最初に確かめることです。
喪家に香典を持ち伺いたい内容を電話などで伝えておいて、遠慮をするようならば何もしないでおきます。
またせっかくだからと受け入れてもらえた場合でも、遺族の意向を尊重することになるので、無駄に気づかいをさせないよう対応をすることです。
最初から香典を辞退するようであれば、それ以上は無理には行動を起こしません。

 鎌ヶ谷市での家族葬は良い面も多いですが、デメリットがあることも事前に知っておくことです。
何よりも家族葬をスムーズに行うためには、周囲からの理解を得られなければなりません。
現代人の生活環境や家族構成に人付き合いなどは昔とは大きく変わってきているので、家族葬を選ぶ日知は少なくないです。
ですがこれまでの葬儀の在り方から外れたことを、素直に認められない人もいます。
時代の流れに柔軟な対応ができない人にとって見ると、家族葬でお葬式を出すことに対して反発をされる可能性がありますし、納得をしてもらわないとなりません。
なぜ家族葬をあえて選ぶのか、家族葬だからのメリットなども、理解できない人に対して丁寧に、わかりやすく瀬悦明をしてあげることです。
周りが納得をして出す家族葬であれば、気持ちの上でもスッキリした気分で最後のお見送りができます。

 鎌ヶ谷市での家族葬のやり方は、人数は少なくても一般的なお葬式と流れも内容もさほど変わりはありません。
家族葬だからといって、焼香のルールが変わることはないです。
宗派などで焼香の作法は若干違いがあるので、家族葬を行う時には故人の宗派を尊重します。
大人になるとお葬式に参列をする機会が大幅に増えますので、仏教など日本で行われるお葬式での、基本的な焼香の仕方を覚えておくと損はありません。
座ってするのか立ってするのかの以外はあるとしても、宗派による多少の違いがあったとしても、基本的な部分は大差がないのであまり難しく考えることも無いです。
もしもやり方がわからない時には、前の人の焼香の仕方を見て真似をすればいいだけなので、それが規模の小さい家族葬であればなおさら心配をすることはありません。

次の記事へ

TOPへ