よくわかる家族葬~鎌ヶ谷市~

Home > 鎌ヶ谷市の家族葬情報 > 現代人のニーズにマッチした鎌ヶ谷市の家族葬

現代人のニーズにマッチした鎌ヶ谷市の家族葬

 鎌ヶ谷市での家族葬に参列をする場合、多くの人が集うお葬式ではないだけに、持ち物やアクセサリーにも違いがあるかは気になります。
基本的には一般葬とかわりはなく、規模や人数的なことがコンパクトになっただけですから、身に着けるアクセサリーのことも一般のお葬式と同じです。
香典やハンカチなどを入れるバッグも、シンプルなデザインで黒無地を選びます。
家族葬に参列するときにたくさんの荷物を持ち込む必要はないですから布製の小型バッグが良いですし、選ぶ際にも光沢話です。
ただ家族葬という一般的なお葬式よりかなり少人数のやり方の時だったら、シンプルな黒の革製バッグでも構いません。
お葬式の時のバッグに関しては、いくら家族葬であっても、虫類は避けなければなりませんし、派手な装飾が付いている物もNGです。

 昔よりも家族の人数が少なくなった現代ですが、さらに人とのつながりも昔ほどは濃厚ではない背景も、現代のお葬式スタイルに影響をしています。
鎌ヶ谷市では家族葬を選択する家庭も増えていますが、少人数で出すお葬式が悪いわけではありません。
むしろ現代人のニーズに合っているやり方であり、まだ新しい葬儀スタイルではありますが、すでに多くの家庭で家族葬を得あんでいます。
家族や親せきに友人など、本当に親しい人間だけで、温かい葬儀をしたいと希望をする人にぴったりです。
あまりお金をかけずに、シンプルに一般的な葬儀と同じようにお葬式を出したい人にも向いていますし、社交辞令や儀礼的な弔問は控えたい人も家族葬を選ぶケースは多いと言えます。
大勢の人を招いてのお葬式ではないため、家族葬を出すなら事前に周囲の理解を得ることも必要です。

 鎌ヶ谷市での家族葬の流れとしては、参列人数が少ないだけで流れて着には、一般的なお葬式とさほど大きな違いはありません。
ご遺体を安置所か自宅へと搬送をしてご安置を行い、納棺の際には家族立会いのもとで棺に遺体を収めますが、この際に立ち合い無しでも大丈夫です。
専用の葬儀場か、もしくは自宅を開放してのお通夜を行い、一晩個人と過ごした後には翌日に告別式を行います。
通常の大きなお葬式同様に、花を棺に入れてこれが本当に故人との最後のお別れです。
初七日は本当に7日を待つことなく、告別式を終えた後に続けて行うことがほとんどであり、初七日の法要を告別式を終えてから行います。
その後は出棺になりますので、火葬日程に家族や親族は合わせ、専門の火葬場への搬送をして、家族も仮想上に同伴をしますが、同伴をする方が火葬の一般的なスタイルです。

次の記事へ

TOPへ