よくわかる家族葬~鎌ヶ谷市~

Home > 鎌ヶ谷市の家族葬情報 > 家族葬を認めるところが増えました

家族葬を認めるところが増えました

 千葉県にある鎌ヶ谷市は、市民を中心とした夏祭りや観光客にも喜んでもらえるフェスティバルなどを開催していることで、過ごしやすい生活環境を整えた町です。
地方都市として10万人規模の人口がいる中でも、高齢者も多くいて生涯を豊かに暮らす人がたくさんいます。
葬儀などがある場合には、近年は家族葬が主流になってきている背景には、故人の意志を伴った葬儀をすることや家族の時間を大切にしたいという想いからきています。
今では高齢化社会との向き合い方を実感している人も多くなっていることからも、葬儀に対する価値観も大きな変革が起きている状態です。
今までの葬儀では、一般葬が多く行われていましたが、その背景には昔からの伝統もあったので、なかなか変えることができなかったというのもあります。

 家族葬のメリットでいえば、やはり残された家族との時間を有効に使えるということです。
今までの一般葬では、親族の相手をしなくてはいけないために、ゆっくりと故人との別れができないまま終わってしまうこともありました。
しかし、家族だけの葬儀ということであれば、気兼ねすることなく自分達だけで話ができますし、想い出を語り合う時間も密なものとなります。
久しぶりに顔を合わせる親族がいることで、ソワソワしたり落ち着かないということも多く意見としてありました。
昔ながらの伝統でたくさんの人を呼んで参列してもらうことは、もちろん今でも素晴らしいことですが、何よりも家族との時間を作る価値観が高くなってきている時代です。
他の親族の人たちにはどうしてもらうのかというと、後からお別れに来てもらうようにしているところが多くなっています。

 そのような場合は後からでも線香を上げに来てくれる人もいますし、どうしてもという親族の場合でも一人を呼ぶことでトラブルにならないように配慮する必要があります。
家族ではなかなか解決できない場合では、葬儀会社に手伝ってもらって対応をしてもらうことです。
近所づきあいがある人だと火葬まで終わった後に来てもらうことができますし、また家族葬を重んじてくれる地盤が整ってきた時代ですから、わかってくれる人が多くなりました。
何よりも人の価値観というのは、時代によって替わってきますし、過去には家族だけの葬儀は当たり前な時代もあったことからも、風潮が多少なりとも影響しています。
これからの時代はまだまだ高齢化社会が加速していきますので、さらに進化した葬儀になることも考えられています。

次の記事へ

TOPへ